私たちのアトリエは、1980年に設立して以来、一貫して「環境」の視点から「建築」や「都市」をとらえ、そのあるべき姿を求めてきました。
 
特に1990年以降は、「環境共生住宅」や「サステナブル建築」の研究・開発等に主体的に関わりながら、次代の持続可能な社会の構築に資する建築・都市のありかたを、理論と具体の両面から考え、実践し、検証する場へと発展してきました。

その間、多彩な仕事の機会に恵まれ、産官学の立場を超えた関連する様々なエキスパートの方々や組織体、そして利用者や地域住民の方々とのコラボレーションを通して、実に多くのことを学びました。

国の内外を問わず、仕事の内容や性格に応じて臨機応変にそうしたコラボレーションを組みながら、最良の解をベスト・プラクティスとして発見してゆく、これをアトリエの基本姿勢に据え、今後も皆様のお役に立ちたいと考えています。